気持ちを切り替えさえできれば・・・

切り替えさえできれば元気をすぐに

取りもどせるのではないでしょうか?

 

 

元気がないという状況において、気持ちを切り替えるというのが一番重要だと思います。元気がない。その理由は様々でしょうし、その理由が解決しないかぎり元気にはなれない、そういうものかもしれません。

 

 

そういった時には元気がないという自分の自覚がとても大事で、今日は元気がないから無理をしないようにしよう、ちょっと静かにしていよう。

 

 

それは逆効果になるかもしれません。元気がないときに自分の気持ちは元気になりたいんだと思っているなら、行動を元気にしてしまえばいいのです。元気に朝飛び起きる、元気に挨拶する、元気にふるまう。

 

 

いわゆるカラ元気というやつです。カラ元気でいる間は、元気がない自分を忘れてしまうと決めるのです。

 

 

私は元気がないんだ、落ち込んでいるんだという呪縛を解き放つのは、私は元気なんだ、今日は調子がいいという頭の中の切り替えです。無理やり元気になってしまうのはひとつのコツだと思います。

 

 

切り替えさえできればあなたはもう元気です。読んだあなた、あなたはもう元気なんですよ。

 

 

カラオケで元気になる

元気がない時の克服方法はいくつかあります。
歌を歌う事もその中の一つになっているのです。

 

私は音楽を聴くことが好きですが、普段歌うことはあまりないのです。
高校生の頃は毎日のようにカラオケで歌っていましたが、社会人になってからはほとんど行くこともなく大声を出す機会も少なくなってきました。

 

けれどとても落ち込んでいて元気がない時は、カラオケに行くことがあります。
友人を誘って行くこともありますし、一人で行くこともあります。

 

カラオケのいいところは、大好きな歌をずっと聴いていられる事と大きな声を出せることだと思います。

 

大きな声を出すことは、自律神経の働きを整える効果があると言われています。
ドーパミンが分泌されることで元気で出てくる、脳の働きが活発になる、集中力が高まるなどの効果もあるのです。

 

一人で行くカラオケも好きですが、友人と行くカラオケでは自分以外の人の歌声に聴き入ってリラックスできることもあります。

 

 

よく食べてよく寝るだけでも元気は出る

身体に疲れが出ていたり元気がない時は学校や仕事が忙しくて体力的に疲れているのか精神的なことで元気が出ないのか理由は様々ですが元気が出ない、疲れている時にはとりあえず体力をしっかりと回復させるために良く寝ることとよく食べることはとても大切だと思います。

 

 

人間は寝不足になると絶対に体力が持続せず疲れやすいため元気も出ないので休日などを利用して寝れるだけ寝てみるだけでも体力が回復し元気も出てきます。

 

 

よく寝ることと同じくらい元気を出すために大切なことはよく食べることです。

 

 

空腹が続いたり栄養不足になると元気はなくなってしまうのでどうしても元気が出ない、疲れが取れないという時だけは自分が好きな物を好きなだけ食べてみるとそれだけでも活力が出るので元気になる力も回復します。

 

 

体力的なことか精神的なことで元気がないのには違いがありますがずっと元気がないままでいても体力的な問題も精神的な問題も解決しないのでとりあえずでもよく眠る、よく食べるの他にも自分の好きなことを行うだけでも元気が出るので元気が出ない理由を解決させるのならば元気になってからでも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です