夢中になって好きなことに取り組んで!

夢中になって好きなことに取り組んでいれば

ストレスを溜めないばかりか、元気に生活

する事ができるはずです。

 

 

 

好きなことをしていれば人間元気が出ます。好きなことや興味があることをしていてつまらないという人はいないでしょう?

 

 

 

満員電車に揺られながら毎日会社へ行くのは大変だけど、好きな運動をして汗だくになるのは大変じゃないわけです。

 

 

好きなことをしているときは誰でも楽しいはずですよ。それぞれに趣味が違うからそれぞれの楽しみ方を追求すれば良いでしょう。

 

 

 

運動が好きならどうやったらもっと楽しめるのか元気になれるのか考えてみるのです。前からやってみたかった筋トレをするとかヨガをやってみるとか・・・そうやって楽しいこと探しをしていけばどんどん元気が出てきます。

 

 

 

プラモデルを組み立てることが好きならをれを追求するのも良いですね。手芸が好きな人は編み物や刺繍などできることを増やしていくと楽しいですし元気も出てきます。

 

 

 

夢中になっていると元気になってくるので、どんな趣味でも夢中になって取り組んでいればどんどん元気が出てくるはずです。

 

 

 

元気を取り戻す3つの方法

元気を出したい時はまず、一人で長い時間を過ごさないようにしています。友人や知り合いと一緒にいると疲れることもありますが、それ以上に元気をくれるような気がします。

 

 

 

例えば、一緒に過ごす相手が自分の事情を知らない場合には、一緒に過ごすことによって自分の悩みや考えがちっぽけに思えることもあります。

 

 

 

相手は何も知らないのに自分のことを笑わせてくれたり、笑顔でいてくれたりするので、一緒に過ごすだけで元気が出てきます。

 

 

 

次に、一人でも友人と一緒でも良いのですが、自分の好きなものを好きなだけ食べます。ダイエットに関することで元気が出ない場合は逆効果になってしまいますが、それ以外のことで元気が出ないのならやはり食べることが良いです。

 

 

 

無理をしなくても、おなかは減るものだし、食事は必ず摂るものです。

 

 

 

生活の一部になっていることを楽しむことで、より自然な形で元気を生み出すことが出来ると思います。三つ目の方法は趣味に没頭することです。

 

 

 

時間ややるべきことを全て忘れて、やりたいことだけを優先して過ごすと元気が出てくると思います。

 

 

 

ネガティブな自分を俯瞰でみる

元気がなくなる時、それは自分が嫌な出来事に出くわした時に元気がなくなるのですよね?なので、自分という存在を少し俯瞰で見るくせをつけるといいと思います。

 

 

 

自分が不幸な目にあった、自分が悲しい目にあっている。その状況で自分を自分としてとらえると元気になるのは難しいです。

 

 

 

なので、自分をもう一人の自分のような意識を持って眺めてみてください、あんなことに悩んでたのって自分でもバカみたいというような言葉を聞いたことがあると思います。自分は自分が見て不幸だと自分がかわいそうになります。

 

 

 

そこで、少し俯瞰で自分を眺めて、冷静な目で自分を眺めてみると、意外と乗り越えられる壁なんじゃないかという自分の感覚が出てきたり、悩みが軽くなってきたりすると思います。

 

 

 

他人を励ますように自分の状況を励ましてみたりすると、自分なりの答えが出てきたりします。悩んでいる自分の背中を押せるのは自分なのです。

 

 

 

なので、自分を元気づける自分、落ち込む自分を作ってうまく元気を出していってください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です