元気の手助けにアロマオイル

毎日元気はつらつ!で過ごせると良いのですが、毎日元気にというのはなかなか難しいですよね…。

 

 

私はアロマオイルに、日々の元気の手助けをしてもらっています。
アロマオイルと聞くと、効能がそれぞれにあって難しい…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはないんです!

 

 

わたしはとにかくそのときの自分が良い香りと感じるものを選んで楽しむようにしています。あれこれ考えるより、案外合ったものが選べるんですよね。

 

 

でも、元気を出したいときにおすすめの香りもご紹介しますね。

 

 

元気を出したいときにはなんと言っても柑橘系!レモンのみずみずしい香りは、悩んでいたことを忘れて活動的になれそうです。グレープフルーツもおすすめです!

 

 

 

リフレッシュにはもってこい。食欲を抑えるダイエットにも嬉しい香りです。疲れきってしまった方にはオレンジスイートはいかがでしょうか。ほんのり甘い香りが張りつめた心をリラックスさせてくれます!アロマの王様ラベンダーとの相性も抜群です。

 

 

わたしはアロマオイルを専用のディフューザーで焚く事が多いですが、ティッシュに垂らして嗅ぐのもお手軽なのですぐ実践できますよね。

 

 

ぜひ試してみてくださいね。
少しでも皆様の元気の手助けになりますように…

 

元気が出ない時は感謝してみる

元気が出ない時、無理に元気を出そうとしても難しい時があります。そんな時は今の気持ちを全部受け入れてみることにします。

 

 

 

そして分かっていることは、いつか元気は出ることです。良いことがあれあば悪いこともあって、日常がそんな繰り返しです。

 

 

 

そして笑ったり、泣いたりできるのは生きているからです。体が動いて、感情があるからです。そう思うと少しのことにも感謝できる気がしてくるのです。

 

 

 

ご飯が食べられた。友達と話した。街の木が少しずつ色づいてきてキレイだった。そんな小さなことに感謝をしてみると、少し元気が出てくる気がします。

 

 

 

そうなるとくよくよしないで、もう少し頑張ろうという気持ちが沸いてきます。

 

 

悲しい気分で元気がない時もそんな気分は受け止めつつ、何が原因だったかを少しだけ考えてみます。

 

 

 

人に言われたことがショックなら、きっと自分の為に言ってくれたんだとか、今度は気をつけようとか前向きに考えてみます。全て何か意味があって、これから良くなるんだと思えば、元気が出てくる気がします。

 

 

元気を強制的に身体から出す、それは半強制的な運動

元気がないというのは肉体的なものの場合もありますし精神的なものの場合もあります。

 

 

 

肉体的に具合が悪い場合は休むしかありませんが、精神的なものの場合は精神ではなく肉体の方を動かすことにより活性化させ、身体の方から元気が湧いてくる場合があります。

 

 

 

「病は気から」と言われていますから、逆に「気も病から」とも言えます。つまり肉体的に具合が悪いと精神的に気分も悪くなります。

 

 

 

逆を言うと、身体の方を活発にして元気にして血液の巡りを良くしたら気持ちの方も楽になるはずなのです。

 

 

私は毎日、身体と精神の元気を両立するために必ずやっていることがあります。

 

 

それは腹筋とジョギングです。ジョギングは軽く30分やるだけですが。腹筋は50回ぐらいやる場合が多いです。

 

 

 

でも時間があるとき、またはよっぽど落ち込んでいて忘れたいことがあるときなどはやけくそになって100回以上やったりします。

 

 

 

その後にジョギングすると脂肪が上手い具合に燃えてくれますし、血液の巡りも良くなり、いつの間にか精神的にも元気になっている場合が多いのです。

 

 

改めて人の心と身体は繋がっていることを実感できる手段です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です