気分が落ち込んでる時に元気を取り戻す方法

私は人間なので、気分が落ち込むこともあります。そういった時に、元気を取り戻す方法としては、好きなアーチストの曲を聴くことです。

 

 

 

その中でも一番元気が出る曲があるので、仕事でミスった時などで落ち込んだ時に、毎回聴いて気分を変えるようにしています。また、趣味に打ち込むことで、前のことは忘れるようにしています。

 

 

 

そのことに関してくよくよしても、前に進まないので、この失敗をポジティブに変えられるようになってます。

 

 

 

受験に失敗するとまた一年間勉強しなければならないので、ショックは大きいかと思いますが、そうでなければ、次回頑張ればいいという気持ちの入れ替えが出来るように訓練をしておくことが必要です。

 

 

 

私が行っている対策は、どんな場面でも使える方法となってますので、もし何かしらの状況によって、気分が落ち込んでブルーになってる時には、私がやっていた方法を取り入れてみるといいです。

 

 

 

自分の気持ちを強く持てれば、元気を取り戻すことは簡単に出来ます。

 

 

 

気持ちの面で元気が出ないときのとっさの転換術

日々たくさんのことをこなしていく私たちの生活で、急に落ち込んでしまったり、失敗を引きずってしまったりと、何かと元気を失ってしまうこともありますよね。

 

 

そんな時に「いいことを考える、悪いことを忘れる、ストレスを発散する」などと方法はたくさんあります。ですが、それが実施するのが「簡単」であれば、誰も悩まないものです。

 

 

つまり、それだけ気持ちを転換させるということは難しいということでもあります。中には時間がかかってもそれらの問題が自分の中で解決できずにいることもあるかと思います。

 

 

先にあげた転換術は、基本的に「切り替える、反対のことをする」というのがベースになっています。ですがそれは、風邪を引いてしまった時に風邪を引かないような対策をするのと同じように、その場で考えても手遅れだったりするのです。

 

 

つまり、元気を出すためにはそれらの要素を「認めること」、そして「どうやって改善するか」が大切です。

 

 

なってしまったものは仕方ないとまずは気落ちしてしまう原因を認めたうえで、その要素を治すための方法を考えるのです。実はこの考え方は、社会的にも成功している人たちが口並みをそろえて今までの失敗を改善してきた体験談などに盛り込まれている方法でもあります。

 

 

自分を認めることが元気につながるとは、自分への地震にもつながりますし少し素敵なことではないでしょうか。

 

 

料理で元気になる

元気がない時は定期的にやってきます。
そんな時は、必ず料理をするようにしています。

 

 

もともと食べることが好きなので、自分で色々作ることは多いのです。
料理をしている時間は、嫌なことも悩みも忘れてしまっているのです。

 

 

例えばひじきの煮物を作っている時は、煮込みながら煮汁が減っていく様子やひじきに味が染み込んでいく様子を見ていると楽しくて集中してしまいます。

 

 

生クリームを泡立てている時は、液体だった生クリームがだんだん硬くなっていく様子を見続けることができます。

 

 

クッキーを焼いている時は、オーブンの中で生地の表面にこんがり焼き色がついていく様子を確認することができるのです。

 

そんな作業を行っているうちに、料理以外のことを考える必要がなくなってくるのです。

 

 

完成した料理を載せるお皿を選んでいる時や、料理の写真を撮っている時も大好きな時間です。

 

 

その後は、美味しい飲み物と完成した料理を食べて一息つきます。

 

 

最後に全ての洗い物をし終えると、心の中もスッキリしていて元気になっている事が多いのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です