どのくらい元気になりたいのか?

まず、すご~く元気になりたいのか、ちょっとでいいから元気になりたいのかで元気になる方法が変わります。すごく元気になりたいなら身体の調子も心の調子も良くないとダメですよね。

 

 

 

身体で痛い部分がなく動かしにくい部分もないという状態。心は心配事がない状態が望ましいです。

 

 

多少の心配事は良いストレスになっても大きな心配事があると元気は出にくいですね。元気になろうなろうともがけばもがくほど底なし沼にはまっていく感覚と言えばいいでしょうか。

 

 

 

いくら元気を出さなくちゃと頑張っても全て空回りする感じと言えばわかりやすいでしょうか・・・。

 

 

少し元気になりたいだけならよく眠ると良いです。眠くなったら我慢しないで眠りたいところで眠るのです。

 

 

 

家事が残っているからとかお風呂に入ってないからとかそういうことは抜きにして、眠りたいときに短時間眠るだけでも元気が出てきますよ。すごく元気になりたいときは睡眠だけじゃ足りないかもしれませんけど。

 

 

自分のトキメキを知っていますか?

 

元気を出すには、ときめくものたちに触れるのが一番

 

 

こんにちは。いつもお仕事ごくろうさまです。朝から晩まで仕事漬けの毎日で、くたびれていませんか?

 

 

この記事では、そんな方に元気を出してもらうためのコツを紹介します。

 

 

【ストレスフルな毎日で、疲れが出るのは当たり前】

近年のインターネットやスマートフォンの普及により、いつでもどこでも仕事ができるようになりました。

 

 

こう書くと聞こえはいいですが、要するに「いつでも」「どこでも」仕事に縛られる可能性が同時に生まれてしまった訳です。

 

 

そうなると、片時も自分の時間が取れず、ストレスばかりがたまっていってしまうのも頷けます。

 

 

【元気を出すためには、自分のトキメキを知っている必要がある】

元気がなくなってしまった時に、さらに嫌なことがあれば、わずかに残っていた元気までもなくなってしまいますよね。

 

 

反対に、元気がなくなってしまった時にいいことがあると、その疲れが吹っ飛んだ経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

 

つまり、元気を出すには、なにか「いいこと」、すなわち、心がときめくようなものやことに触れるのが一番ということです。

 

 

【自分のトキメキを知って、元気がなくなったら実践してみよう】

そうなると、大切になってくるのが、自分が何にときめくのか知っている、ということです。

 

 

実際に元気がなくなってしまうと、自分がなににときめくのか考える元気すらなくなってしまうということもありえます。

 

 

そうならないために元気な時にこそ、自分のトキメキと向き合っておく必要があります。

 

 

①まっさらな紙に自分がときめくことを書き出そう。

 

 

まずは、まっさらな紙に少しでも心が軽くなる行動をなるべくたくさん書き出しましょう。

 

 

たとえば、「大好物のミニトマトを食べる」「映画を見に行く」「腹筋を10回やってみる」など、何でもOKです。

 

 

小さなこと、大きなこと、お金がかかること、お金をかけずにできること。とにかく何でも書きましょう。

 

 

②元気がなくなったらその紙を見て、できることをやってみよう。

 

 

その紙は、職場のデスクや手帳の中など、いつでも見られる場所に置いておきましょう。

 

 

そして、実際に何か嫌な気持ちになることがあったら、この紙を見て、やれることにチャレンジしてみましょう。

 

 

一つやってみて元気になるかもしれませんし、何個かやってみたら元気になるかもしれません。

 

 

いずれにせよ、その紙の書いてあることは全部自分を幸せにするための方法です。苦しいことがあった時くらいは、自分で自分を思いっきり甘やかしてあげてくださいね。

 

 

とにかくストレスをなくす!

元気を出したい時は何で悩んでいるかによりますがやっぱり出来るだけ、元気が無くなった原因や出来事について考えないことですね。

 

 

頭を空っぽにしてぼーっとするのもいいと思います。といっても何もしないでいると余計に考えちゃう気がするので、わたしはノリのいい音楽をかけたり、逆に悲しい音楽を聴いて思いっきり泣いてスッキリしたりしています。

 

 

とにかくもやもやも吹っ飛すくらい思いっきり自分の好きなことをすることだと思っています。

 

趣味にひたすら没頭するのもいいでしょう。特にこれといった趣味がない人もいらっしゃるでしょうが、好きなご飯を食べるのもよし、好きなだけ寝るのもよし、少し外に出て散歩をしたり、好きなだけ物を買うのもいいかもしれません。

 

 

何か特別なことをしなくても日常の何か1つでも変えて見る、そんなことでも気分転換になっていいはずです。

 

すぐに気持ちを切り替えるのは難しいかもしれませんが、楽しいことをいっぱいして少しでもストレス解消をしていきましょう。

 

 

 

夢中になって好きなことに取り組んで!

夢中になって好きなことに取り組んでいれば

ストレスを溜めないばかりか、元気に生活

する事ができるはずです。

 

 

 

好きなことをしていれば人間元気が出ます。好きなことや興味があることをしていてつまらないという人はいないでしょう?

 

 

 

満員電車に揺られながら毎日会社へ行くのは大変だけど、好きな運動をして汗だくになるのは大変じゃないわけです。

 

 

好きなことをしているときは誰でも楽しいはずですよ。それぞれに趣味が違うからそれぞれの楽しみ方を追求すれば良いでしょう。

 

 

 

運動が好きならどうやったらもっと楽しめるのか元気になれるのか考えてみるのです。前からやってみたかった筋トレをするとかヨガをやってみるとか・・・そうやって楽しいこと探しをしていけばどんどん元気が出てきます。

 

 

 

プラモデルを組み立てることが好きならをれを追求するのも良いですね。手芸が好きな人は編み物や刺繍などできることを増やしていくと楽しいですし元気も出てきます。

 

 

 

夢中になっていると元気になってくるので、どんな趣味でも夢中になって取り組んでいればどんどん元気が出てくるはずです。

 

 

 

元気を取り戻す3つの方法

元気を出したい時はまず、一人で長い時間を過ごさないようにしています。友人や知り合いと一緒にいると疲れることもありますが、それ以上に元気をくれるような気がします。

 

 

 

例えば、一緒に過ごす相手が自分の事情を知らない場合には、一緒に過ごすことによって自分の悩みや考えがちっぽけに思えることもあります。

 

 

 

相手は何も知らないのに自分のことを笑わせてくれたり、笑顔でいてくれたりするので、一緒に過ごすだけで元気が出てきます。

 

 

 

次に、一人でも友人と一緒でも良いのですが、自分の好きなものを好きなだけ食べます。ダイエットに関することで元気が出ない場合は逆効果になってしまいますが、それ以外のことで元気が出ないのならやはり食べることが良いです。

 

 

 

無理をしなくても、おなかは減るものだし、食事は必ず摂るものです。

 

 

 

生活の一部になっていることを楽しむことで、より自然な形で元気を生み出すことが出来ると思います。三つ目の方法は趣味に没頭することです。

 

 

 

時間ややるべきことを全て忘れて、やりたいことだけを優先して過ごすと元気が出てくると思います。

 

 

 

ネガティブな自分を俯瞰でみる

元気がなくなる時、それは自分が嫌な出来事に出くわした時に元気がなくなるのですよね?なので、自分という存在を少し俯瞰で見るくせをつけるといいと思います。

 

 

 

自分が不幸な目にあった、自分が悲しい目にあっている。その状況で自分を自分としてとらえると元気になるのは難しいです。

 

 

 

なので、自分をもう一人の自分のような意識を持って眺めてみてください、あんなことに悩んでたのって自分でもバカみたいというような言葉を聞いたことがあると思います。自分は自分が見て不幸だと自分がかわいそうになります。

 

 

 

そこで、少し俯瞰で自分を眺めて、冷静な目で自分を眺めてみると、意外と乗り越えられる壁なんじゃないかという自分の感覚が出てきたり、悩みが軽くなってきたりすると思います。

 

 

 

他人を励ますように自分の状況を励ましてみたりすると、自分なりの答えが出てきたりします。悩んでいる自分の背中を押せるのは自分なのです。

 

 

 

なので、自分を元気づける自分、落ち込む自分を作ってうまく元気を出していってください。

 

 

 

気持ちを切り替えさえできれば・・・

切り替えさえできれば元気をすぐに

取りもどせるのではないでしょうか?

 

 

元気がないという状況において、気持ちを切り替えるというのが一番重要だと思います。元気がない。その理由は様々でしょうし、その理由が解決しないかぎり元気にはなれない、そういうものかもしれません。

 

 

そういった時には元気がないという自分の自覚がとても大事で、今日は元気がないから無理をしないようにしよう、ちょっと静かにしていよう。

 

 

それは逆効果になるかもしれません。元気がないときに自分の気持ちは元気になりたいんだと思っているなら、行動を元気にしてしまえばいいのです。元気に朝飛び起きる、元気に挨拶する、元気にふるまう。

 

 

いわゆるカラ元気というやつです。カラ元気でいる間は、元気がない自分を忘れてしまうと決めるのです。

 

 

私は元気がないんだ、落ち込んでいるんだという呪縛を解き放つのは、私は元気なんだ、今日は調子がいいという頭の中の切り替えです。無理やり元気になってしまうのはひとつのコツだと思います。

 

 

切り替えさえできればあなたはもう元気です。読んだあなた、あなたはもう元気なんですよ。

 

 

カラオケで元気になる

元気がない時の克服方法はいくつかあります。
歌を歌う事もその中の一つになっているのです。

 

私は音楽を聴くことが好きですが、普段歌うことはあまりないのです。
高校生の頃は毎日のようにカラオケで歌っていましたが、社会人になってからはほとんど行くこともなく大声を出す機会も少なくなってきました。

 

けれどとても落ち込んでいて元気がない時は、カラオケに行くことがあります。
友人を誘って行くこともありますし、一人で行くこともあります。

 

カラオケのいいところは、大好きな歌をずっと聴いていられる事と大きな声を出せることだと思います。

 

大きな声を出すことは、自律神経の働きを整える効果があると言われています。
ドーパミンが分泌されることで元気で出てくる、脳の働きが活発になる、集中力が高まるなどの効果もあるのです。

 

一人で行くカラオケも好きですが、友人と行くカラオケでは自分以外の人の歌声に聴き入ってリラックスできることもあります。

 

 

よく食べてよく寝るだけでも元気は出る

身体に疲れが出ていたり元気がない時は学校や仕事が忙しくて体力的に疲れているのか精神的なことで元気が出ないのか理由は様々ですが元気が出ない、疲れている時にはとりあえず体力をしっかりと回復させるために良く寝ることとよく食べることはとても大切だと思います。

 

 

人間は寝不足になると絶対に体力が持続せず疲れやすいため元気も出ないので休日などを利用して寝れるだけ寝てみるだけでも体力が回復し元気も出てきます。

 

 

よく寝ることと同じくらい元気を出すために大切なことはよく食べることです。

 

 

空腹が続いたり栄養不足になると元気はなくなってしまうのでどうしても元気が出ない、疲れが取れないという時だけは自分が好きな物を好きなだけ食べてみるとそれだけでも活力が出るので元気になる力も回復します。

 

 

体力的なことか精神的なことで元気がないのには違いがありますがずっと元気がないままでいても体力的な問題も精神的な問題も解決しないのでとりあえずでもよく眠る、よく食べるの他にも自分の好きなことを行うだけでも元気が出るので元気が出ない理由を解決させるのならば元気になってからでも良いと思います。

ストレスを溜めないためにお金のことばかり考えない

お金のことばかり考えない事が大切です。

 

 

お金のことばかり考えているとお金に縛られてしまって元気が出ません。生きている以上お金のことは考えなくてはならないけど、ずっと考えていると意気消沈してしまうでしょう?経済的なことを考えなしで生きられないけれど、ずっと考えることではありません。

 

 

私は経済観念がないというか、お金に関して詳しくないし、どうやったら儲けられるのかもわかりません。だから毎日コツコツアリのように働いて小さなお金を稼ぐことしかできませんが、頭が良くてお金に関して色々知っていたら株や投資などをして儲けることもできたのかもしれませんね・・・。

 

 

それでもそうなってしまうと毎日何時間もお金のことばかり考えなければいけなくなります。お金に変に詳しくなったり儲けることに夢中になると元気になったり落ち込んだりの差が激しくなりそうです。だからやっぱりお金儲けのことやお金のことを考えるのはほどほどにするべきで、その方が元気になれると思うのです。

 

 

元気になるには

私はよく自分の失敗で落ち込むのですが、私の元気を出す方法は、大好きなもの食べることと、買い物をすることです。

 

私が大好きなものはお寿司とビールです。お寿司を食べると、自然とにやけてしまい次第に、まあしょうがないか、と思うようになって来ます。さらにビールを流しこむと、気分が晴れます。心許せる友人と飲むとなお良いですね。

 

あとは、買い物をすることですが、私の場合は買い物です!ショッピングモールへ行き、爆買いします!買い物をしていると、嫌なことを忘れてしまっているし、帰ってからも、買ったものを眺めたりするので落ち込んでいたことが和らぎます。買い物に向かう車の中で大きな音で音楽を聞くこともおすすめです!

 

それでも後から落ち込んでいたことを思い出しますが、時間が経つにつれて、薄らいでいくので、時間が解決してくれるという部分もあると思います。

 

私は元気を出すには自分を許すということが1番の難関であり、1番の方法だと思っています。

 

 

仕事で気合がでない!?そんな時の上手なずるやすみ

会社や学校でもなんでも、時間を縛られる事柄に対して誰しもがずる休みを経験したり考えたことはあるものではないでしょうか。

 

 

ですが、気持ち的にもこのずる休みというのは結構リフレッシュになるといわれています。もちろん、ずる休みを肯定するものではないので困ったときの対処術と思っていただければと思います。

 

 

ずる休みをすると少し気持ちの面でも後ろ髪を引かれるような後悔のようなものを感じることがありますよね。それをばねにして次は取り戻そうというスタートダッシュにするのです。

 

 

そんなずる休み、失敗する代表例が「ちょっと」といういいわけです。ちょっと頭が痛い、ちょっと熱が出たといわれると「ちょっと」とはどの程度?」と聞き手に疑問が生まれてしまうものです。

 

 

なのでずる休みの時の言い訳ははっきりと言い切ること、それだけでも事実はずる休みでも仕方がないと思ってもらいやすくなります。

 

 

そんなずる休みの中で、次にその場に出た時の自分の頑張りようを想像して、一日程度の休息をとるのも、場合によってはありかもしれませんね。

 

 

ですが、ずるを繰り返すのは厳禁です。周りに迷惑をかけたりしますし、何より罪悪感が勝って次に進めなくなります。ほどほどに、なおかつ本当につらい時に元気を出すための起爆剤と思っておくようにしましょう。