元気を出すにはウォーキングが効果的

いろんな元気を出す方法があると思いますが私がお勧めするのはずばりウォーキングです。ウォーキングつまり歩くことなので、歩くだけで元気が出るのかと思われる方もいるかもしれません。

 

 

 

歩くことは体力などはついて元気になるという面は理解されやすいですが、実は心の面でも元気になる効果があるということがわかっています。

 

 

 

科学的な理由としてもウォーキングなどのリズム運動をすることで脳内にセロトニンという物質が増えて、気持ち的にも前向きになれるということです。

 

 

 

もちろんウォーキングは体力的にも運動することになるので身体的にもいいことはいうまでもありません。しかも激しい運動ということではないので無理な運動にはならないというところが元気のない人でも比較的取り組みやすいといえます。

 

 

 

鬱の人にも効果があるといわていますし、私自身何か行き詰った時や悩みがある時はできるだけウォーキングをするようにしています。

 

 

 

ウォーキングを終えると頭がすっきりして元気が出て来るような気がします。

まぁ元気出せよって言われても…。

 

 

人生を過ごしていくうえで、身体的にも精神的にも元気でいるということは非常に重要ですよね。

 

 

でも私達は感情を持ち合わせた人間ですから、そりゃ何らかの原因があって落ち込んだりすることは誰にだってあるものです。

 

 

誰かがものすごく落ち込んでいたら、あなたはその人に何か声を掛けますか?それともそっとしておきますか?

 

 

落ち込んでいる時に「まぁ元気出せよ!」みたいなことを言われて、実際に元気が出る人ってそうそういないと私は思うのですが…。

 

 

少なくとも私はそういう風に言われると、心の中で「お前に何がわかるんだ。ほっとけ。」と悪態をついたうえでますます落ち込みますね。

 

 

元気を出す方法って本当に人それぞれです。

 

 

思いっきり一人で落ち込んでその後きちんと這い上がってこれる人もいれば、誰かに悩みを聞いてもらうだけで元気になれる人だっているわけです。

 

 

ちなみに私が落ち込んだ時に元気を出す方法は、敢えて笑うことですかね。

 

 

自分が一番面白いと思うコントネタを見て笑ったり、シュールすぎる笑いのネタが入った漫画を没頭して読んだりしているうちに、けっこう気が紛れて元気を取り戻していたりします。

 

 

笑いヨガという方法があるくらいですから、笑うことは元気を出す方法としてわりと効果的なのかもしれませんね。

 

 

その時によって使い分ける

疲れが溜まっている時には15分ぐらい睡眠をとったら頭がスッキリします。嫌なことも少しはリセットされることがあります。

 

 

納得がいかない時には誰かに相談したりして、人の意見を聞くのも良いことだと思います。そのことが相手も納得いかないと思えただけでも元気が出ます。

 

 

誰かに話すことによって明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

 

 

週に一回だけお酒を飲む習慣があります。酎ハイなど一本だけですけどそれでも気分が満たされます。

 

 

 

あまりお酒が強くはないのでちょっとだけいい気持ちになれるということもあります。

 

 

これはあまりお勧めしない方法ですがお菓子など好きなものを食べることも満たされます。

 

 

 

ですがストレスがたくさん溜まっている時にはそのやめ時を失ってしまうので、チョコならふた粒など自分なりのルールが決めることが大切です。個包装のお菓子などが便利で良いと思います。

 

 

色々な方法がありますけどその時によって自分なりにどのやり方が一番良いのか考えて行動しています。

 

 

 

元気を出すたった一つの方法

生きていると色んな事があります。でも、元気な日元気の無い日がなければ、喜びも感じる事ができません。元気の無い日の対処法、元気を出す方法を教えます。落ち込んでいる日は、何も考えたくないし、何もしたくありません。

 

 

 

特に、自分の為にするのがめんどくさい時があります。原因は、そこにあります。落ち込んだとき、元気をくれる友達や恋人がいるかもしれませんが、その人達が、あなたにしてくれている事、それは、あなたが、元気が無い事を忘れるようにしてくれているのです。

 

 

 

もし、誰も回りにいないのなら、その役割を自分で補えばいいのです。一つの落ち込みには、好きな事をその倍与えるといいのです。

 

 

 

それをする為に必要な事があります。それは、自分自身をよく知る事です。あなたの体は、あなたが借りた媒体なのです。

 

 

 

その媒体には、様々な特徴があります。好きなもの、嫌いなものがあります。

 

 

 

それをよく知る事で、元気の無い日になにを与えたらよいのかがわかります。それが、元気を出すたった一つの方法です。

 

 

 

私が元気を出す方法

仕事でミスばかり、うまく行かなかったり、失恋して思いっきり元気をなくしてしまうことなど、ちょっとしたことでも落ち込んでしまうことってよくありますよね。

 

 

しかも一度落ち込んでしまうとなかなかそこから元気を出すことが難しいんです。

 

 

私なんてしょっちゅう元気が出なくて困っています・・・。

 

 

そうすると普段の生活にも影響が出てきてしまって負のループに陥りやすくなります。

 

 

私はいつも元気を出したいときは大好きなことをします。
それはずばり、音楽鑑賞です。

 

 

しかも思い切り大音量で聞きます(もちろんイヤホンはつけます)。
大好きな音楽を聞いていると不思議とだんだん元気が出てくるんです。

 

 

なんであんなに落ち込んでいたんだっけな、次頑張ろうって前向きになれます。
この時にどんな曲を聞くのかということも重要になります。

 

 

普段音楽を聞いていて、なんとなくこの曲は元気がもらえるっていう曲や、気分が上がる曲をまとめておくといいかもしれません。

 

 

元気がないときは音楽を聞く気分にもなれないって思うこともあると思います。
でも、乗り気じゃなくても聞いてみると意外と元気が出てきます。

 

 

私の場合は音楽ですが、皆さん人それぞれ好きなことは違うと思うので、
元気がないときはとにかく好きなことをしてみるのがおすすめです!

 

 

元気がないときは好きなことをするのが一番良いと思います

元気が無いときは肉体的な時と精神的なときを分けて考えたほうが回復するまでの時間が異なります。徹夜続きだったり、本当に病気で体調が思わしくないときは早めに寝ることが第一です。

 

 

 

温かい牛乳を飲み、熱すぎないお風呂に入り、体を冷やさないようにして布団に入ればぐっすり眠ることができます。

 

 

病気だと思った時は大丈夫だと自己診断するのではなく、病院に行って診察してもらったほうが、回復が早くなります。

 

 

上司から叱られたり、遅刻してみんなに迷惑をかけたときは精神的に落ち込むことがあります。そのときは早く忘れることが良いのですが、思い出してしまうのでなかなか元気になりませmm。

 

 

そんなときは自分が一番好きなことを迷わずした方がよいです。

 

 

 

体を動かすことが好きな人は散歩して風景を眺めることで心が落ち着きます。バッティングセンターが好きな人は、思いっきりバットを振れば気分展開になります。

 

 

 

プラモデル作成が好きな人は落ち着いて組まないといけないので、精神統一ができ、悩みを忘れてしまいます。

 

 

映画の好きな人は、コメディがいいと思います。思いきり笑い飛ばせば悩みも吹き飛んでしまうこと間違いなしです。

 

 

 

どのくらい元気になりたいのか?

まず、すご~く元気になりたいのか、ちょっとでいいから元気になりたいのかで元気になる方法が変わります。すごく元気になりたいなら身体の調子も心の調子も良くないとダメですよね。

 

 

 

身体で痛い部分がなく動かしにくい部分もないという状態。心は心配事がない状態が望ましいです。

 

 

多少の心配事は良いストレスになっても大きな心配事があると元気は出にくいですね。元気になろうなろうともがけばもがくほど底なし沼にはまっていく感覚と言えばいいでしょうか。

 

 

 

いくら元気を出さなくちゃと頑張っても全て空回りする感じと言えばわかりやすいでしょうか・・・。

 

 

少し元気になりたいだけならよく眠ると良いです。眠くなったら我慢しないで眠りたいところで眠るのです。

 

 

 

家事が残っているからとかお風呂に入ってないからとかそういうことは抜きにして、眠りたいときに短時間眠るだけでも元気が出てきますよ。すごく元気になりたいときは睡眠だけじゃ足りないかもしれませんけど。

 

 

自分のトキメキを知っていますか?

 

元気を出すには、ときめくものたちに触れるのが一番

 

 

こんにちは。いつもお仕事ごくろうさまです。朝から晩まで仕事漬けの毎日で、くたびれていませんか?

 

 

この記事では、そんな方に元気を出してもらうためのコツを紹介します。

 

 

【ストレスフルな毎日で、疲れが出るのは当たり前】

近年のインターネットやスマートフォンの普及により、いつでもどこでも仕事ができるようになりました。

 

 

こう書くと聞こえはいいですが、要するに「いつでも」「どこでも」仕事に縛られる可能性が同時に生まれてしまった訳です。

 

 

そうなると、片時も自分の時間が取れず、ストレスばかりがたまっていってしまうのも頷けます。

 

 

【元気を出すためには、自分のトキメキを知っている必要がある】

元気がなくなってしまった時に、さらに嫌なことがあれば、わずかに残っていた元気までもなくなってしまいますよね。

 

 

反対に、元気がなくなってしまった時にいいことがあると、その疲れが吹っ飛んだ経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

 

つまり、元気を出すには、なにか「いいこと」、すなわち、心がときめくようなものやことに触れるのが一番ということです。

 

 

【自分のトキメキを知って、元気がなくなったら実践してみよう】

そうなると、大切になってくるのが、自分が何にときめくのか知っている、ということです。

 

 

実際に元気がなくなってしまうと、自分がなににときめくのか考える元気すらなくなってしまうということもありえます。

 

 

そうならないために元気な時にこそ、自分のトキメキと向き合っておく必要があります。

 

 

①まっさらな紙に自分がときめくことを書き出そう。

 

 

まずは、まっさらな紙に少しでも心が軽くなる行動をなるべくたくさん書き出しましょう。

 

 

たとえば、「大好物のミニトマトを食べる」「映画を見に行く」「腹筋を10回やってみる」など、何でもOKです。

 

 

小さなこと、大きなこと、お金がかかること、お金をかけずにできること。とにかく何でも書きましょう。

 

 

②元気がなくなったらその紙を見て、できることをやってみよう。

 

 

その紙は、職場のデスクや手帳の中など、いつでも見られる場所に置いておきましょう。

 

 

そして、実際に何か嫌な気持ちになることがあったら、この紙を見て、やれることにチャレンジしてみましょう。

 

 

一つやってみて元気になるかもしれませんし、何個かやってみたら元気になるかもしれません。

 

 

いずれにせよ、その紙の書いてあることは全部自分を幸せにするための方法です。苦しいことがあった時くらいは、自分で自分を思いっきり甘やかしてあげてくださいね。

 

 

とにかくストレスをなくす!

元気を出したい時は何で悩んでいるかによりますがやっぱり出来るだけ、元気が無くなった原因や出来事について考えないことですね。

 

 

頭を空っぽにしてぼーっとするのもいいと思います。といっても何もしないでいると余計に考えちゃう気がするので、わたしはノリのいい音楽をかけたり、逆に悲しい音楽を聴いて思いっきり泣いてスッキリしたりしています。

 

 

とにかくもやもやも吹っ飛すくらい思いっきり自分の好きなことをすることだと思っています。

 

趣味にひたすら没頭するのもいいでしょう。特にこれといった趣味がない人もいらっしゃるでしょうが、好きなご飯を食べるのもよし、好きなだけ寝るのもよし、少し外に出て散歩をしたり、好きなだけ物を買うのもいいかもしれません。

 

 

何か特別なことをしなくても日常の何か1つでも変えて見る、そんなことでも気分転換になっていいはずです。

 

すぐに気持ちを切り替えるのは難しいかもしれませんが、楽しいことをいっぱいして少しでもストレス解消をしていきましょう。

 

 

 

ストレスを溜めないためにお金のことばかり考えない

お金のことばかり考えない事が大切です。

 

 

お金のことばかり考えているとお金に縛られてしまって元気が出ません。生きている以上お金のことは考えなくてはならないけど、ずっと考えていると意気消沈してしまうでしょう?経済的なことを考えなしで生きられないけれど、ずっと考えることではありません。

 

 

私は経済観念がないというか、お金に関して詳しくないし、どうやったら儲けられるのかもわかりません。だから毎日コツコツアリのように働いて小さなお金を稼ぐことしかできませんが、頭が良くてお金に関して色々知っていたら株や投資などをして儲けることもできたのかもしれませんね・・・。

 

 

それでもそうなってしまうと毎日何時間もお金のことばかり考えなければいけなくなります。お金に変に詳しくなったり儲けることに夢中になると元気になったり落ち込んだりの差が激しくなりそうです。だからやっぱりお金儲けのことやお金のことを考えるのはほどほどにするべきで、その方が元気になれると思うのです。

 

 

元気になるには

私はよく自分の失敗で落ち込むのですが、私の元気を出す方法は、大好きなもの食べることと、買い物をすることです。

 

私が大好きなものはお寿司とビールです。お寿司を食べると、自然とにやけてしまい次第に、まあしょうがないか、と思うようになって来ます。さらにビールを流しこむと、気分が晴れます。心許せる友人と飲むとなお良いですね。

 

あとは、買い物をすることですが、私の場合は買い物です!ショッピングモールへ行き、爆買いします!買い物をしていると、嫌なことを忘れてしまっているし、帰ってからも、買ったものを眺めたりするので落ち込んでいたことが和らぎます。買い物に向かう車の中で大きな音で音楽を聞くこともおすすめです!

 

それでも後から落ち込んでいたことを思い出しますが、時間が経つにつれて、薄らいでいくので、時間が解決してくれるという部分もあると思います。

 

私は元気を出すには自分を許すということが1番の難関であり、1番の方法だと思っています。

 

 

仕事で気合がでない!?そんな時の上手なずるやすみ

会社や学校でもなんでも、時間を縛られる事柄に対して誰しもがずる休みを経験したり考えたことはあるものではないでしょうか。

 

 

ですが、気持ち的にもこのずる休みというのは結構リフレッシュになるといわれています。もちろん、ずる休みを肯定するものではないので困ったときの対処術と思っていただければと思います。

 

 

ずる休みをすると少し気持ちの面でも後ろ髪を引かれるような後悔のようなものを感じることがありますよね。それをばねにして次は取り戻そうというスタートダッシュにするのです。

 

 

そんなずる休み、失敗する代表例が「ちょっと」といういいわけです。ちょっと頭が痛い、ちょっと熱が出たといわれると「ちょっと」とはどの程度?」と聞き手に疑問が生まれてしまうものです。

 

 

なのでずる休みの時の言い訳ははっきりと言い切ること、それだけでも事実はずる休みでも仕方がないと思ってもらいやすくなります。

 

 

そんなずる休みの中で、次にその場に出た時の自分の頑張りようを想像して、一日程度の休息をとるのも、場合によってはありかもしれませんね。

 

 

ですが、ずるを繰り返すのは厳禁です。周りに迷惑をかけたりしますし、何より罪悪感が勝って次に進めなくなります。ほどほどに、なおかつ本当につらい時に元気を出すための起爆剤と思っておくようにしましょう。